FC2ブログ

Third Time's A Charm

毎日、ちょっと感じたことなんかを書き込んでます。 ニュースのこと、大好きな音楽のことなんでも書きますよー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
沖縄の話 その1
やっほい!帰ってきましたよーぉ。
疲れましたー沖縄。
精神的にも身体的にも疲労困憊です笑

ウチ的に一番良かったのは、水族館でも体験学習でも、みんなとの団体行動でもないです。

1日目です。
平和学習と題されたこの日。
あらためて、平和とはなんなのか考えました。

「あんたはなんにも知らなくていい
 幸せになんなさい」

これは沖縄出身である歌手、Coccoのお祖母ちゃんが言っていた言葉です。(ラジオでCoccoが言ってた。)



自分があんなことあったけど沖縄に行ったのは友達のおかげでも何でもありません。

この目で沖縄戦をと知りたかったのです。
ウチは戦争の写真も映像も話もだいっきらいです。
見たくない。
目をそらしたい。
この気持ちは小学校5年生の時にTVで死んだ日本兵の顔に虫が沢山いる映像を見てから変わりません。
みんなそれは一緒。
じゃなんでって感じですよね。

でも見なきゃいけないこともわかってたから。
決定的に見なきゃと思ったのは8月5日。
ロッキンジャパンフェスのCoccoのステージ。

そして8月15日。
スクールオブロック Cocco先生の授業。

考えが変わったと言うより見なきゃ、見なきゃという気持ちが絶大だった。

1日目に最初行ったのは平和記念公園。
平和の礎があるとこです。
これは国籍・地位、関係なく沖縄戦でなくなった人達の名が刻んである場所です。これだけの人が亡くなってると考えると戦争の恐ろしさが決定的です。
イラクや他の紛争ではこれの倍はなくなっていくはずでしょう。

戦争は人を変えてしまう。

あとはそこにある資料館。
かなり生々しかったけど頑張って見ました。
遺品だろう万年筆や眼鏡。
使われた注射。
決定的だったのは亡くなった人の写真。
あまりにも生々しすぎて足がすくんだ。

見なくてはいけない。

目をつぶることはしなかった。
でも隣に友達がいなかったら逃げてたんだろうな。
ありがとう。

体験談をまとめたやつも読みました。
恐ろしい。

でも
しゃべる方が数倍つらいんだろう。
苦しいんだろう。

じゃあ何で話すんだろう。
そんなの決まってる。


私達の世代で戦争が起こらないように。


戦争を風化させないように。


でも実際世界ではおきてるんだ。

私は無力だ。
スポンサーサイト
日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 沖縄の話 その2 | home | いや、真面目にうそでしょ。 >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。